バイセルvs質屋どちらが買取が高い?比較してみた!

バイセルと質屋の比較

質屋さんって、みなさん利用されたことありますか?
質屋もバイセルと同じで、貴重品の高価買取を行っていますよね。
バイセルの出張買取と質屋、ふたつのサービスを比較してみると、どんな違いが見つかるのでしょうか。

まず、質屋ですが。
こちらは貴金属のみならず、ブランド品、専門的な商材といった幅広い品物を取り扱います。
ただ、あくまで品物を担保に融資を行うことが質屋のメイン事業であって、質流れした商品を転売するのは副次的な要素なんですね。
持ちこんだ品物を本当は手放したくない、という場合には、質屋の「預かり」という形で商品担保の融資を行うシステムは非常に有効だと思われます。
が、品物をもともと手放すつもりならどうでしょうか?

質屋は実際のところ、お金の融資がメイン事業であって、商品の買取にはそれほど力を入れていないんです。
査定するジャンルも広いため、特定の商品に強みを持つこともできないようなんですね。
ですから、担保品の所有権が質流れ、買取といった形で質屋へと移った場合、高く売りさばける販売ルートを持っていないということなんです。
そこがバイセルのような出張買取業者と比較した場合、大きく異なる点だといえます。

店舗を持つ質屋やと比較して、出張買取業者は店舗を持たないことが多いです。バイセルもそうですよね。
ゆえにバイセルは買取のみに力を入れて、店舗の運営費や人件費をコストカットすることで、ユーザーの不用品を高価買取することができるんです。
買取、という点を中心に据えて比較すると、業務の性質上、より高値での買取を実現できるのは質屋ではなく、買取システムに特化した出張買取業者であるバイセルである、ということになりそうです。

また、査定方法という点で比較しても違いがありますよね。
そう、店舗への持ち込み査定なのか、自宅への訪問査定なのか。質屋とバイセルでは、ここも大きく違います。
査定してほしい品物を抱えて店舗へと出向くのは大変ですよね。その商品が着物のようにかさばる品ならなおさらです。
でもバイセルなら? ここまで一緒に見てきましたよね。そう、大荷物を移動させなくても、自宅まで無料で査定しに来てくれるんです。
しかもバイセルは査定員の出張費も査定費も無料です。そのうえ買取額に不満があった場合のキャンセル料もなし!
やっぱりバイセルの出張買取は、質屋と比較してみても、顧客の満足度が高そうですね。

 

バイセルとネットオークションの比較

では、バイセルとネットオークションを比較してみればどうでしょうか?
オークションなら価格設定も自分で好きにできますし、意外と高く売れちゃうかも?なんて思われるかもしれませんね。

ですが、オークションは出張買取と比較して、商品を売るまでに時間がかかります。
出品期間は自分で決められますが、期間内に絶対誰かが入札してくれる! っていう保証はどこにもありませんよね。
結局落札されなかった、なんてことも多々あります。
そう考えて比較してみると、出張買取サービスは対応が早いですよね?
しかもバイセルなら、最短30分です。そのうえ、査定額の折り合いがつけば、その日のうちに支払いまでもが完了しますよね。
オークションと比較してみると、スピード感はバイセルのほうが断然上だと思います!

他の角度からオークションとバイセルを比較してみても、ずいぶん違うことがわかります。
オークションって、正直、面倒じゃありませんか?
だって商品を自分で梱包して発送しなきゃいけませんし。商品の状態次第では、取引相手からクレームが入ることも少なくありません。となると、返品の手続きなんかもまた面倒になってきますよね。
ですがバイセルなら、査定員が自宅まで足を運んでくれるので、梱包や発送の面倒がありません!
査定員が実際に商品を手にとって買取額を出してくれるので、あとからクレームを入れられることもありません!
バイセルなら、支払いも振り込みではなくその場でです。スピード感と確実性。この2点が、オークションとバイセルを比較した際の大きな相違点ではないでしょうか。

 

バイセルと買取プレミアムって何が違うの?

出張買取業者の「買取プレミアム」ってご存知ですか?
実はこの買取プレミアム、バイセルと同じ会社、バイセルテクノロジーズが経営しているんです。バイセルと買取プレミアムは経営母体が同じなんですね。
バイセルと同じ理念を持って動かされているわけですから、比較してみても、買取プレミアムもまたコンプライアンスを遵守した良心的な出張買取業者、ということになりますよね。
宣伝、広告の打ち方が違うくらいで、バイセルと比較してもサービスの内容などはほぼ同じなようです。

買取プレミアムで一番人気のサービスは出張買取らしいんですが、ここを比較しても、バイセルと同じですよね。
そしてさらに、その中でも人気なのが女性査定員を指名できる女性ユーザー限定のサービスなんだとか。
このサービス、バイセルにもありましたよね。
でもね、やっぱりどうしても、女性査定員の数は男性査定員と比較すると少ないようなんです。
女性査定員指名サービスがとにかく人気なものだから、数の少ない女性査定員が引っぱりだこになっているんです。
なので、女性査定員を指名してしまうと、バイセルや買取プレミアムの誇るスピード感という点で、男性査定員と比較してやや下回ってしまうかもしれませんね。

つまり、女性にとって女性の査定員が訪問してくれるのは安心できるサービスですが、人気のあるぶん待たされる可能性が高いんですね。
バイセル、買取プレミアムの売りであるスピード感を求められるなら、男性査定員に依頼するほうがいいかもしれません。
安心してください、バイセルや買取プレミアムなら、男性査定員の人柄も鑑定眼も、十分信頼に足るものですよ!

 

バイセル vs ヤマトク

着物買取のヤマトク、そしてバイセルを比較してみるとどうでしょうか。
どちらも着物買取を得意とする買取業者です。が、比較すると大きな違いがありますよね。
そうです。バイセルは出張買取を主体とし、宅配、持込みでも買取を行っているのと比較して、ヤマトクでは宅配買取のみを行っているんですね。
宅配のみに特化した買取業者がヤマトクなんです。

査定料無料、送料無料。これはバイセル、ヤマトクを比較しても、どちらもが打ち出しているサービスです。
無料は嬉しいですよね。家計を預かる主婦としては、無料サービスが重なれば重なるほど嬉しいものです。
でもね、私だったら、個人的には宅配買取って面倒だな…って思っちゃいます。
ヤマトクが梱包キットを無料で送ってきてくれるらしいんですけど、荷造りするのはユーザーの私たち自身ですもんね?
だったら家まで来てくれるバイ セルのほうが楽でいいや、と思ってしまいます。
そもそも着物をきれいに梱包するスキルが自分にあるわけもありませんしね!

 

バイセル vs THE GOLD(ザ・ゴールド)

では、バイセルとTHE GOLD(ザ、ゴールド)を比較してみましょう。
ザ・ゴールドも有名な買取業者ですよね。バイ セルと比較してみても、買取の品物が豊富、という点では肩を並べるよな気がします。
買取方法も、店頭買取、出張買取、宅配買取と、バイ セルと同じサービスを展開していますね。
独自の販売ルートを持っている、徹底したリサーチによる査定力に自信がある、という点も、バイ セルと同じです。
女性スタッフ、女性査定員も多く在籍しているようですね。この点は、やはり私たちユーザーからすると評価の上がるポイントです。

ですが、やはり違う会社ですので、サービスにおいて異なる点も見えてきます。
まずは、せっかく女性査定員が多くても、ザ・ゴールドとバイ セルを比較すると、ザ・ゴールドでは女性査定員の指名制度を行っていないということです。
女性査定員が多い、というのは会社としての強みだと思うんですけどね。バイ セルは女性顧客限定で女性査定員を指名でき、ザ・ゴールドでは指名はできない。ここは、私たちユーザー視点で考えると、けっこう大きな差のように感じられます。
だって、選択肢の幅が増えるか否か、ってことですもんね。

あと、ザ・ゴールドではスピード査定は謳われていません。
バイ セルと比較すると、ここも大きな違いですね。なんせバイ セル最大の売りはそのスピード感にありますから。
最短30分という、業界最高水準のスピード感は、バイ セル最大の特徴であり、強みでもありますよね。

 

バイセル vs 福ちゃん【買取金額が10%アップ】

次に、バイ セルと福ちゃんを比較してみましょう。
福ちゃんもまた、幅広い商品を扱った買取業者です。高価買取を謳っていて、出張買取、宅配買取、店頭買取の、みっつの買取方法を展開している点も、バイ セルと同じです。

ただ、調べてみたところ、出張買取ですこし首をかしげた点がありました。
福ちゃんでは、買い物対応エリアを日本全国としながら、そこに沖縄が入っていないんです。比較してみると、バイ セルは47都道府県をすべてカバーしていましたよね。
私が沖縄に住んでいたら、え、うちには来てくれないの? と戸惑ってしまいます。

そしてやはり、口コミなどを比較してみると、対応の早さに差があるようですね。
福ちゃんは早くて翌日の出張査定、中には三週間先を査定日に指定された…というユーザーも見られました。
対応力の早さ、買取エリアのカバーリング力という点では、個人的にバイ セルに軍配をあげたいですね。

 

バイセル vs まんがく屋【最短1時間で到着】

まんがく屋はバイセ ルと比較してみると、どういった違いがあるのでしょうか。
まんがく屋は幅広い買い取りではなく、着物や和装小物を専門とした買取業者のようですね。数多の分野での買取展開を行っているバイ セルとは違って、着物のついでにこの宝石も査定してほしい、というような多様さと柔軟性には欠けるようですね。

出張買取、宅配買取、店頭買取。こちらはバイ セルと比較してみても同じですね。三種類の買取方法をまんがく屋も行っています。
ただ、ですよ。こちらも福ちゃんと同じで、全国津々浦々をカバーリングしているわけではないようないんです。
まんがく屋の買取エリアの中には、北海道と沖縄が見当たりませんでした。北と南の端っこはカバーされてないんですね。
全国対応と謳うなら、そこはカバーしてほしい部分だと私なんかは思いますけど。対応できない地域があるなら、全国対応、を売りにするのはちょっと違うんじゃないの? というのが消費者としての正直な感想です。
その点、バイ セルは北海道も沖縄も対応してくれますからね。加えて査定までのスピードは業界一の速さを誇るわけです。まんがく屋も最短1時間での到着、というのをアピールしているみたいですけど、なんせバイ セルは30分ですからね。
凄い、としか言いようがないです。

 

まとめ

いろいろな買取業者とバイ セルを比較してきましたが、いかがだったでしょうか。
それぞれの業者で特長や売りは違いますが、やっぱりそれぞれにいいところはあるんですね。取扱商品の幅広さだとか、買取方法の多彩さだとか、査定員さんの鑑定眼だとか。
それぞれの会社に得意分野があって、買取業者を選ぶときにはそこを見るべきなのかな、とも思いました。が!

よく考えてみてください。
バイ セルは他社の長所をすべて、その会社と肩を並べる形で、あるいはバイ セルのほうが上回って、オールカバーしているんですね。
だったらあなたが選ぶ買取業者は、もうバイ セルで良くないですか?
むしろバイ セルが一番! とここまでで確信したのは、きっと私だけじゃないはずです。
やっぱりどこと比較してみても、辿りつく先はバイ セルなんですね。
バイ セルが一番。私の中では、そう結論付けることにします!

 

 

 

 

投稿日:

Copyright© バイセルの着物 買取の値段がすごい!質屋じゃ大損するョ!! , 2019 All Rights Reserved.